涙活音楽朗読劇「ボクと7通の手紙」

こんにちは。
声と体で小説の世界を
生き生きと表現する舞台朗読研究所
S-R Labo 松井みどりです。

今回は私が出演する
「涙活音楽朗読劇
『ボクと7通の手紙』」
について
お話します。

「涙活音楽朗読劇」とは

「涙活」とは涙を流すことで
心のデトックスをはかるもので、
寺井宏樹さんという方が
提唱されています。

今回はその「涙活」イベントで
もっとも反響を呼んだ
「ボクと7通の手紙」という作品を
朗読劇スタイルでお届けします。

「音楽」部分では、
数々のアーティストと共演したり、
楽曲提供をされたりしている
吉野ユウヤさんがピアノで参加。

さらにバイオリン、チェロ
弦楽器チームも合流し、
生演奏で作品世界を表現します。

多くの人の涙を誘った
素晴らしい原作に生演奏を入れ、
演者が朗読劇で作品世界を表現するのが
「涙活音楽朗読劇」です。

物語について

「ボクと7通の手紙」は
「涙活」の発案者である寺井さんが
実話をもとに執筆したものです。

保育園に通うかなは、
ある日段ボール箱に入れて
捨てられた仔犬を拾います。

その犬に「ボク」という
名前をつけて飼うことになり、
かなとボクは一緒に
育っていきます。

そして5年後、
小学3年生になったかな。
ある雨の日に
事件は起こります…。

この物語は
決して派手なお話では
ありません。

小さな女の子が周囲との
交流の中で成長していくという、
ある意味、普通のお話です。

しかしその普通を丁寧にえがき、
それぞれの登場人物の気持ちを
大事に大事に表現します。

すると最後には
観る側も大きな愛に包まれて
幸せな気持ちになれる…

そんな風に感じていただけるよう、
スタッフ・キャスト力を合わせて
作品世界を作り上げます。

出演者・スタッフについて

出演者には元宝塚の
えまおゆうさん、RICOさん、
扇けいさん、美翔かずきさん

名を連ねています。

そして超新塾という
コント集団から
イーグル溝神さん、
タイガー福田さん

さらにアナウンサー、ナレーター、
声優、俳優、ミュージシャン

多才な顔ぶれがそろっています。

今回はAチームとBチームの
ダブルキャストなので、
同じ役でも表現が違って
面白いです。

若手もベテランも
切磋琢磨する、魅力的な現場。
きっとそれぞれの個性を
楽しんでいただけると思います。

演出は「下妻物語」
「姑獲鳥の夏」「魍魎の匣」
などの映画をプロデュースした
神田裕司氏。

とても繊細に作品世界を
作り上げる方で、

今回の作品はとにかく
観終わった時に優しい気持ち
なっていただけるようにしたいと
おっしゃっています。

神田氏のもとで
丁寧に丁寧に立ち上げる物語
ぜひお楽しみください。

見どころ

物語の温かさ

小さな女の子
高校生になるまでのお話
なのですが、

その間にいろいろなことが
起こります。

その都度、周りの人に
愛されながら
主人公・かなは素直に
純粋に育っていきます。

こんな世の中、
様々な事件に心が削られる
毎日ですが、

たまには心からホッとできる
優しい時間を過ごしては
いかがでしょう?

とにかく丁寧に、じっくりと
お伝えいたしますので、
落ち着いてご覧いただけます。

朗読劇という表現形式

形式は朗読劇。
スタンドマイクの前に
出演者が登場して
自分の役を演じます。

セットを組んで俳優がリアルに
芝居をするのではなく、

俳優が演じるのを見ながら、
最終的にはご覧いただく
皆さんの頭の中に、
皆さんだけの物語を作り上げる

というところが、
朗読劇の面白いところです。

今回は登場人物の構成が
独特な作りになっておりまして、
詳しくはお伝えできませんが、
こちらもひとつの見どころです。

ピアノと弦楽器の生演奏

今回と同じピアノ、バイオリン、
チェロ
という構成で
2月にも朗読劇を行いました。

その時のお客さまの感想で
とても多かったのが、
「音楽が良かった!」
というもの。

ピアノの吉野ユウヤさんは
劇中の曲を全て作曲。
全編オリジナル楽曲です。

この音楽がとても優しく
物語を包み込みます。

そして美しいバイオリンと
人間の声に近いチェロの響き
作品世界をさらに
イメージさせてくれます。

今回の物語において、
音楽はとても大切なピース。
物語と共に、素晴らしい演奏も
お楽しみください。

オンラインステージ

また今回は、劇場に客席
わずかに作りはしますが、
基本的には生配信公演、
オンラインステージです。

当日その時間に都合が悪くても、
10月いっぱいはアーカイブ
いつでもお好きな時に
ご覧いただくことができます。

また演出の神田さんは映画
たくさん作られてきた方なので、

今回の作品は、最初から映像で
ご覧いただくことを考えた
演出、カメラ割り
になっております。

ですから過去作品よりも
さらにブラッシュアップした
迫力のある映像
物語の世界を感じていただけます。

ぜひご自宅から安心して
ご覧ください。

公演詳細

生配信公演(オンラインステージ)
新感覚!涙活音楽朗読劇
『ボクと7通の手紙』

■公演日
2021年10月1日(金)
開演時間 11:00〜12:30(Aチーム)
開演時間 15:00〜16:30(Bチーム)
開演時間 18:30〜19:40(音楽ライブ)

2021年10月2日(土)
開演時間 11:00〜12:30(Bチーム)
開演時間 15:00〜16:30(Aチーム)
開演時間 18:30〜19:40(音楽ライブ)

2021年10月3日(日)

開演時間 11:00〜12:30(Aチーム)
開演時間 15:00〜16:30(Bチーム)
開演時間 18:30〜19:15(トークショー)

■オンラインチケット料金 3000円

■劇場観劇チケット 券種多数(HPからご確認ください)

■出演
須賀由美子(A)岡田彩花 (B)
田中啓太 (A)西中葵  (B)
半井小絵 (A)松井みどり(B)
渡辺克己 (A)古賀司照 (B)
村岡美沙 (A)陶国貴矢 (B)
重役室長 (A)倉根啓幸 (B)

菜ノ花れみ(S)美翔かずき(S)
扇けい(S)RICO(S)えまおゆう(S)
イーグル溝神(S)タイガー福田(S)
筒井巧(S)

【音楽ライブ出演者】
須賀由美子・岡田彩花・菜ノ花れみ・田中啓太・西中葵・美翔かずき・扇けい・RICO・えまおゆう・タイガー福田

MC イーグル溝神&タイガー福田(超新塾)

【トークライブ】
全キャスト(出演予定)

※Aチーム・Bチーム公演となります。Sはシングルキャストとなります。
松井はBチームに出演します。チケットのご予約は「松井みどり」からしていただけると嬉しいです。

劇場観劇&カードでのご予約はこちらから↓

配信公演&銀行振り込みでのご予約はこちらから↓

松井みどり専用配信お申し込み
涙活音楽朗読劇「ボクと7通の手紙」の、松井みどり専用の配信公演お申し込みフォームです

まとめ

今回は私が出演する
「涙活音楽朗読劇
『ボクと7通の手紙』」
について
お話ししました。

いろいろな形の愛に包まれて
大きくなっていくかな。
かなを周囲で見守る者たち。

きっと誰かに感情移入して
ご覧いただけると思います。

小さな、でも本当に
温かい素敵なお話
です。
よろしければぜひ、
ご自宅からご覧ください。

無料メルマガ登録
2種類の無料メルマガをお届けします! ・読むだけ聴くだけで楽しめる!表現力豊かに朗読するためのS-Rジャーナル ・舞台朗読がもっと楽しくなるS-Rマガジン
S-R Labo主宰
松井 みどり

元フジテレビアナウンサー。退社後はナレーターとして活動する一方、舞台活動もスタートし、芝居、朗読、朗読劇などの舞台に年に10本ほど参加。2014年より教える仕事も続けている。

松井 みどりをフォローする
お知らせ
松井 みどりをフォローする
S-R Labo

コメント

タイトルとURLをコピーしました