普通の朗読とどこが違うの?「舞台朗読」って、なんざんしょ

こんにちは!
「声と体で小説の世界を
生き生きと表現する舞台朗読研究所」
S-R Labo主宰の松井みどりです。

舞台朗読って言っても、普通の朗読と
何が違うの?

皆さん、そう思われますよね?
この「舞台朗読」という言葉、
別に特別な言葉ではないのですが、
意外と使っている人は少ないと思います。

まずは、私が考える「舞台朗読」について
お伝えしたいと思います。

「舞台朗読」のそもそもの意味は?

「Stage Reading」とは、
もともとはイギリスなどで
「芝居の脚本をブラッシュアップするための
お試しで、舞台上で役者が脚本を読む」
というものなのだそうです。

お客さまに意見をもらって、脚本に反映させて
より良い脚本を作ることが目的です。
私も出演したことがありますが、
「ワークインプログレス」方式と言って、
お客さまの前で演じながら、
ブラッシュアップしていく方式と同じですね。

私が考える「舞台朗読」

「舞台朗読」の言葉の定義って?

「Stage Reading」は日本語にしたら
「舞台朗読」になりますが、
私の考える「舞台朗読」は、
ちょっと違います。

私が目指す「舞台朗読」とは

「瞬間で人を演じ分けながら、
地の文の読みと融合させ、
お客さまに小説の世界を
楽しんでいただく表現。
またはお客さまに小説を『観て』いただく
工夫を凝らした舞台」

のことです。
それだけで、ひとつの完成した表現として
考えています。

観ても面白い「朗読」を目指しています!

「朗読なんだから、聴いてもらえば
いいんじゃないの?」
とおっしゃる方もいるでしょう。

もちろんその通りなのですが、
一方で「だから朗読はつまらない」
思っている方が多いことが、
私としてはとても残念なのです。

人は、舞台の上の演者が
心を動かしているところに共感して、
自分の感情を動かします。

ですから「小説の世界を生き生きと、
アクティブに、観ても楽しいものにしたい」

というのが、私の基本的な考え方です。

そのためにはただ読むだけでなく、
体を使って表現することも必要だと
思っています。
そんなに大きく動く訳ではありませんが、
体勢が変わるだけで、が変わります。

具体的には体を自由にして、
セリフの部分はなるべくリアルな芝居
心がけます。
地の文にも乗せられるところには、
十分に感情を乗せます。

その上で、
両者のバランスをとり、
お客さまに小説の世界を
より楽しんでいただける形にして、
舞台にのせること

を目指します。

大きいだけが「舞台」じゃありません

また、私が言う「舞台」とは、
必ずしも劇場のような大きなものではなく、
カフェちょっとしたスペースなどでも、
お客さまと演者がいる空間が
「舞台」だと思っています。

何も何十人、何百人が入る劇場だけが
舞台ではないということです。
ですから、舞台朗読はどなたにも
楽しんでいただけます。

自己表現としての「舞台朗読」

朗読は、読むことで小説の世界をお客さまに
楽しんでいただくものですが、
同時に、その世界を
自分はどんな風に捉えたかという
自己表現の場でもあると思います。

もちろんお客さまあってのものですが、
きちんと作品理解をした上で現れる表現には
やはりその人が現れるものです。

朗読には、本当にいろいろな表現方法があり、
それぞれの先生がそれぞれの考えで
レッスンを進めていらっしゃいます。

その中で、自分にしっくりくる朗読、
先生を見つけられたら
本当に楽しい「自己表現ライフ」
待っていますよ。

まとめ

今回は、私が考える「舞台朗読」について
お話してきました。
「面白そう!」思っていただけていたら
本当にうれしいです。

「新しいことを始めたい!」という方にも
おススメですし、
すでに朗読をやっていらっしゃる方には
また新しい朗読の世界
体験していただけると思います。

S-R Labo(エスアールラボ)を通じて
ぜひ「舞台朗読」の楽しさ
知っていただけたらと願っています。

このサイトでは
「舞台朗読」について
いろいろな面からお伝えしていきますので
どうぞよろしくお願いします!

無料メルマガ登録
2種類の無料メルマガをお届けします! ・読むだけ聴くだけで楽しめる!表現力豊かに朗読するためのS-Rジャーナル ・舞台朗読がもっと楽しくなるS-Rマガジン
S-R Labo主宰
松井 みどり

元フジテレビアナウンサー。退社後はナレーターとして活動する一方、舞台活動もスタートし、芝居、朗読、朗読劇などの舞台に年に10本ほど参加。2014年より教える仕事も続けている。

松井 みどりをフォローする
舞台朗読
松井 みどりをフォローする
S-R Labo

コメント

タイトルとURLをコピーしました